ブログトップ

悩む漁師のぶろぐ

q3g84xxb.exblog.jp

補償交渉や訴訟が終了=JCO臨界事故から10年8カ月(時事通信)

 茨城県東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)東海事業所は3日、作業員2人が死亡、地元住民ら660人以上が被ばくした臨界事故をめぐる補償交渉や訴訟は発生から約10年8カ月を経てすべて終了したと発表した。
 同社によると、補償請求は6983件で、交渉や訴訟の結果、支払った補償金や賠償金などは計約154億円に上る。 

【関連ニュース】
住民側の上告棄却=JCO事故でPTSD-最高裁

<公判停止>殺人罪被告が自殺図り10年 佐賀(毎日新聞)
<口蹄疫>対策本部長は引き続き山田氏(毎日新聞)
絶対難視世帯にBSチューナー貸与 NHK(産経新聞)
「冷凍ギョーザみたいに…」と食肉会社恐喝容疑(読売新聞)
<口蹄疫>「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性(毎日新聞)
[PR]
# by kpocno3bom | 2010-06-08 18:12

<口蹄疫>種牛2頭発症 残る47頭も殺処分へ(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県が国に殺処分回避を求めていた県家畜改良事業団(高鍋町)の種牛49頭のうち2頭が発症したことが28日、分かった。東国原英夫知事が、口蹄疫対策の補正予算案を協議する県議会全員協議会で明らかにした。残る47頭も感染の疑いが強く、すべて殺処分される。

 知事は協議会の冒頭「2日前から発熱症状を示していた1頭の鼻腔(びくう)内に水疱(すいほう)が破裂した跡とよだれ。もう1頭に発熱。典型的な口蹄疫の症状である」と説明。「近日中に速やかに殺処分する」と述べた。

 同事業団では14日、飼育していた肥育牛から口蹄疫の症状が確認され、伝説の種牛といわれる「安平」や次世代の種牛計49頭も殺処分対象になった。しかし、畜産関係者らの要望を受けて県は殺処分をせずに経過観察とする特例措置を農水省に要請。山田正彦副農相はこれを認めず、知事は28日夜、初めて殺処分を容認する考えを示していた。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ
口蹄疫:特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く
口蹄疫:種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ

父の口からあふれる血を吸い…被害者長男が必死の救護(産経新聞)
医療研修財団の改革案、6人中5人が「不十分」―省内仕分け(医療介護CBニュース)
シャワーで洗えるメリノウールシャツとシューズ――コナカ(Business Media 誠)
<ノーベル平和賞>歴代受賞者が集う国際会議、広島開催決定(毎日新聞)
「辺野古」削除応じられぬ=首相発言も選択肢―官房長官(時事通信)
[PR]
# by kpocno3bom | 2010-05-29 21:10

皇居で大綬章親授式 春の叙勲(産経新聞)

 春の叙勲の大綬章親授式が7日午前、皇居・宮殿「松の間」で行われ、天皇陛下が外国人3人を含む16人に勲章を手渡された。式に出席したのは、桐花大綬章の島田仁郎元最高裁長官(71)、綿貫民輔元衆院議長(83)、旭日大綬章の愛知和男元防衛庁長官(72)、遠藤武彦元農水相(71)、尾身幸次元財務相(77)、片田哲也元コマツ会長(78)ら。

 午後には鳩山由紀夫首相が重光章の勲章を手渡す伝達式が行われる。

【関連記事】
「こどもの日」に皇居で小学生が虫捕り
「われらの」憲法ではないのだ
天皇陛下、種もみをお手まき
鳩山首相の沖縄訪問に米国防総省「コメントしない」
「大変心配している、しっかり対応すべき」 ギリシャ危機に首相
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

警察官を名乗る振り込め詐欺で、68歳女性が150万円被害(産経新聞)
国の出先機関「権限仕分け」へ、7省10系統(読売新聞)
6カ国協議の早期再開は困難 岡田外相が指摘(産経新聞)
エコポイント 手続き代行サービスに苦情も(産経新聞)
<黒澤明記念館>現行計画を断念…財団が伊万里市に伝える(毎日新聞)
[PR]
# by kpocno3bom | 2010-05-13 14:53

緊急時に短期病床提供、都道府県では初―富山(医療介護CBニュース)

 富山県はこのほど、在宅療養者の介護者が急病などの緊急時に、介護保険法の指定を受けた病院のショートステイ専用病床を確保して提供する事業を開始した。都道府県では初めての試み。

 県が昨年11月に実施した医療系ショートステイの実態調査によると、ショートステイが必要な利用希望は1日当たり2.5件発生しており、このうち34%が利用できていなかった。

 対応する病院は、光ヶ丘病院(高岡市)と桜井病院(黒部市)で、それぞれ2床ずつ。市町村で先行していた横浜市、川崎市、仙台市の事例などを参考にした。利用期間は7日以内、介護保険制度の通常の利用料と食費などの自己負担が必要となる。

 4月20日に県内の各市町村や関係機関に告知。21日に県のホームページに専用ページを開設して周知を図る。利用希望者はケアマネジャーか主治医を通じて申請する。

 高齢福祉課では、「緊急対応を目的としているが、申請から利用開始までに1日くらいはかかる。利用開始までの時間短縮を検討するとともに、病床提供する病院の拡大を図る」としている。


【関連記事】
ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協
24時間巡回型の訪問ケアがポイントに―宮島老健局長
中・重度者向けの在宅介護サービスを開始へ―ジャパンケア
介護相談の取り組みを紹介―介護福祉士会がシンポ
高齢になっても障害があっても、地域で安心して暮らせる社会を

第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)
<つくばみらい市長選>片庭氏が初当選 茨城(毎日新聞)
<育児休暇>「母は偉大だと痛感」 復帰の文京区長が感想(毎日新聞)
「政策不一致」の数合わせ 舛添新党の暗い船出(J-CASTニュース)
「厚労省版マニフェスト」発表、全省庁で初(医療介護CBニュース)
[PR]
# by kpocno3bom | 2010-04-27 21:41

河村名古屋市長「改めて市民に問う」(産経新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は19日、臨時市議会を招集し、2月議会で議会側が1年限定と修正可決した市民税10%減税の恒久化と、市議の報酬を半減する条例案を提出。本会議で「改めて市民に問い掛ける」と強調した。各会派は「すでに審議が尽くされている」として臨時市議会の開会自体を疑問視しており、両案とも可決は困難な見通し。

 河村市長は提案理由説明で、減税に関して「最高の市民サービスで、継続実施してこそ意義がある」と強調。これに対し、質問に立った市議は「臨時議会には必要性も大義もない。議会との対立構造を意図的に演出している」と批判した。

<天気>オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く(毎日新聞)
自動車整備工場でガス爆発=従業員3人搬送−新潟(時事通信)
母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷−愛知県警(時事通信)
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
<渡部恒三氏>「小沢君は絶対辞めない」名古屋の講演で(毎日新聞)
[PR]
# by kpocno3bom | 2010-04-23 07:03