ブログトップ

悩む漁師のぶろぐ

q3g84xxb.exblog.jp

<口蹄疫>種牛2頭発症 残る47頭も殺処分へ(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県が国に殺処分回避を求めていた県家畜改良事業団(高鍋町)の種牛49頭のうち2頭が発症したことが28日、分かった。東国原英夫知事が、口蹄疫対策の補正予算案を協議する県議会全員協議会で明らかにした。残る47頭も感染の疑いが強く、すべて殺処分される。

 知事は協議会の冒頭「2日前から発熱症状を示していた1頭の鼻腔(びくう)内に水疱(すいほう)が破裂した跡とよだれ。もう1頭に発熱。典型的な口蹄疫の症状である」と説明。「近日中に速やかに殺処分する」と述べた。

 同事業団では14日、飼育していた肥育牛から口蹄疫の症状が確認され、伝説の種牛といわれる「安平」や次世代の種牛計49頭も殺処分対象になった。しかし、畜産関係者らの要望を受けて県は殺処分をせずに経過観察とする特例措置を農水省に要請。山田正彦副農相はこれを認めず、知事は28日夜、初めて殺処分を容認する考えを示していた。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ
口蹄疫:特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く
口蹄疫:種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ

父の口からあふれる血を吸い…被害者長男が必死の救護(産経新聞)
医療研修財団の改革案、6人中5人が「不十分」―省内仕分け(医療介護CBニュース)
シャワーで洗えるメリノウールシャツとシューズ――コナカ(Business Media 誠)
<ノーベル平和賞>歴代受賞者が集う国際会議、広島開催決定(毎日新聞)
「辺野古」削除応じられぬ=首相発言も選択肢―官房長官(時事通信)
[PR]
by kpocno3bom | 2010-05-29 21:10
<< 補償交渉や訴訟が終了=JCO臨... 皇居で大綬章親授式 春の叙勲(... >>